2020年12月28日 ブログ

クレジットカード大手マスターカードが発表した10月11日〜12月24日の年末商戦の売上高は事前予想のプラス2.4%を上回る 3%と力強さを示した。牽引したのはオンライン販売で前年比プラス49%家具などは前年比プラス16.2%で一方で宝飾品は前年比マイナス4.3%と振るわない結果 アメリカ主導の金融緩和で株価が軒並み高値の割に宝飾品が振るわないのは、今後のブランド時計やジュエリーの需給のバランスにも影響が出るかもしれません。ここまで金価格やハイブランド時計などは急騰もあったので調整があってもおかしくないので注視しておきたい。