2017年04月27日 ブログ

カーデザインで有名なジウジアーロだが、元来は工業デザイナーとして数多くのデザインを手掛けており車以外だと鉄道 ニコンのカメラなども有名 そしてセイコー社からも幾つものジウジアーロデザインが発売されています。
今回発売されるセイコーアストロンジウジアーロ・デザイン 2017限定モデルSBXB121 最新のgpsソーラー取り入れてジウジアーロモデル 非常に楽しみなモデルである。2012年世界初のgpsソーラーウォッチが誕生して第4世代のモデルが2017年数種類の限定モデルが発売される。例えば「HondaJet」とのコラボレーション限定モデル(SBXB133) 誕生5周年記念限定18Kゴールドモデルこちらはなんと432万のラグジュアリ-モデル(SBXB134) ビッグデイト ノバク・ジョコビッチ 2017 限定モデル(SBXB143)などあるが 特にジウジアーロモデルは話題性もたかい。本年は多くの限定モデルをリーリースするセイコー社のアストロンブランドの力の入れようが半端ないのである。確かにスペックも凄く全世界40タイムゾーン対応gpsによる自動時刻修正 ソーラー発電 パーペチュアルカレンダー2100年まで サマータイム対応など 多くのテクノロジーが搭載されたハイスペックモデル 機械式時計でもなくスマートウオッチでもないジャンルにアストロンは挑戦しつ続けている 頑張れセイコーアストロン