2017年03月26日 ブログ

ロレックス シードゥエラー4000 ref116600生産終了なのか
ロレックス社のホームページを見るとすでにバーゼル2017で発表された
赤シードが掲載されシード4000は掲載されていない
これはディスコンティニューを意味するのか不明だがその確率はかなり高い。
新型赤シードref126600はケースサイズを43㎜になり シード初のサイクロップレンズ
新型キャリバー3235と 全てが新しくなり 初代シードの赤ロゴが配置されます。
間違いなく人気のモデルとなるでしょう。

そして今までのシード4000のref116600の今後だが
2014年に発売され約3年間の発売期間とすれば生産数も少ないまたスポーツモデルの中では
人気のあるモデルとは言えず
尚更製造数は少ない可能性がある。本当に生産終了か不明だが今後の価格は要チェックだ。
丁度 4月に香港に時計ショーに行くんでシード4000の相場等チェックしてきます。
画像は サブデイトref116610LN シード4000ref116600 ディープシーref116660