2016年12月15日 ブログ

パーペチュアルの機能は機械式時計でもかなり複雑な構造になっておりそれが故に使用法を間違えると壊れる原因ともなります。
今回はハリーのパーペチュアルの操作法を簡単に説明します。
この時計は自動巻きムーブメントを搭載 時計が完全に停止した時はリューズを通常ポジションで約30回巻き上げ 時計を定期的に装着していれば、ゼンマイは自動的に巻き上げられ最大45時間のパワーリザーブが保たれます。
注意 時計が指示している時刻が午後8時~午前5時の間は 日付調整ボタン及びムーンフェイズ調整ボタンは使用しないでください。また25日~翌月の1日までの間は月調整ボタンは使用しないでください。
時刻の調整 リューズを一段引いて調整
ムーンフェイズの調整 ケースサイド左下のボタンを月例表に合うように押していきます。 
日付の修正はケースサイド右上のボタンを押します。 
月と年の修正 閏年を考慮しながら 合わせたい月と年が表示されるまで調整 ケースサイド左上のボタンを押します。1年先に進めるには12回押します。
第2時間帯の修正 ケース右上の方のリューズを緩め 希望する時間まで押して調整します。以上簡単に書きましたが
デリケートな時計優しく使って時計の名の如く永久に使用してみては?
harrywinston08