2016年10月24日 ブログ

セイコーマリンマスターSBDX001生産終了 セイコーマリンマスターSBDX017の違い
見た目はほぼ変わらないように見えるるが スペックを見ると
キャリバー8L35
ワンピース構造
L字パッキン
針やインデックスにルミブライト
4時位置リューズ
等 一緒なのですが ダイヤシールドという新しいセイコー独自の技術が施されたのが
SBDX017なのです。
ダイヤシールドとは日常使いの擦り傷、小傷から時計本来の美しい輝きや、きれいな仕上げを守るために、セイコーが独自に開発した表面加工技術で
ステンレスの約2倍の実用表面硬度により表面を守るそうです。
その分定価は少し値上がりしてます。27万税別
いずれにしろ両方共に日本を代表するダイバーウォッチなのは間違いないです。
画像はSBDX001
dsc_0785