2020年06月03日 ブログ

世界的なコロナウイルス感染から経済が復活の兆しが見え始め、ニューヨークダウをはじめ世界の株式は2番底をつけないまま急騰を続けています。同時にロレックスの相場も今年初めの相場を取り戻しつつあります。もちろん経済復活も要因ですが、スイスのロレックスの工場の一時閉鎖によりロレックスのデリバリーが少ないのも大きな要因と思われます。デリバリー再開まではロレックス相場は下がりにくい状況です。ただ香港国家安全法の問題や 先日の米国ティファニーの株急落、これはフランスLVMHの買収計画が難航との報道で一時株価が一時13%安 ほかにもアメリカ抗議デモなどもよくないニュースも多いので注意したいところ。