2020年05月10日 ブログ

新型コロナウイルスの影響でバーゼルワールド2020は開催を見合わせして2021年1月28日~2月2日に開催が予定されていましたが、2021年の開催中止をバーゼルワールドを主催するMCHグループが決定
当初はオメガを擁するスウォッチグループ、ブライトリングなどが2020年バーゼルワールドからの撤退を表明しましたが、2021年に延期された開催にもロレックス、パテックフィリップ、LVMHグループなども撤退発表となりバーゼルワールド2021の開催中止に至る。
バーゼルワールド主催者のMCHグループは2020年出展メーカーの代表者とせロナウイルスの影響でバーゼルワールド2020は開催を見合わせして2021年1月28日~2月2日に開催が予定されていましたが、2021年の開催中止をバーゼルワールドを主催するMCHグループが決定
当初はオメガを擁するスウォッチグループ、ブライトリングなどが2020年バーゼルワールドからの撤退を表明しましたが、2021年に延期された開催にもロレックス、パテックフィリップ、LVMHグループなども撤退発表となりバーゼルワールド2021の開催中止に至る。
バーゼルワールド主催者のMCHグループは2020年出展メーカーの代表者とせ支払いの和解について合意と発表
今回のバーゼルワールド2020出展メーカーとの友好的和解が新しいプラットフォームを作り上げる為の議論に取り組むとも発表しました。
因みにバーゼルワールド主催者のMCHグループの株価は昨年の半値以下で推移しています。