2020年05月04日 ブログ

2020年、IWCはその時代を超越したポルトーギーゼコレクションの数多くの新しいバージョンを発表します。
その中でも気になる新作はポルトギーゼクロノグラフの新色のグリーンダイヤルIW371615、バーガンディダイヤルIW371616、奇抜な色ながらIWCのクラシカルなイメージから新しいチャレンジが伺えるモデル。もちろん機械はIWC自社製キャリバーの69355 キャリバー 今後のIWCクロノグラフにはこのキャリバー69000シリーズが殆ど担うキャリバーは、長期間のテストを経て信用と信頼を得た次世代キャリバーとして生産されるでしょう。
因みにグリーンダイヤルはオンラインストア限定となっているが、今後はこういった販売方法も増えるのかもしれない。
そして、もう一つ気になるモデルがポルトギーゼヨットクラブクロノグラフのブレスレットモデルのシルバーメッキダイヤルIW390702 ブルーダイヤルのIW390701 90年代のインジュニアモデルのブレスレットを踏襲したデザイン 調整はアクアタイマーのようなプッシュ式で使いやすい 新型インジュニアに同様なブレスレットは採用されていたが、今回のポルトギーゼヨットクラブクロノグラフとの相性は抜群にいいと思う。機械はIWC自社製の
キャリバー89000このシリーズはフライバック機能付きの高性能クロノグラフ・ムーブメントで、大型のデジタル表示(日付・月)を持つモデルや、サブダイヤルで時・分を表示するモデルに使用されています。
他にもポルトギーゼ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフやポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨンなど気になる新作が目白押しだ。

IW371615

IW371616

IW390702

IW390701