2019年06月25日 ブログ

先月から今週にかけてIWCのコピー品の査定依頼が数件立て続けに来ております。
ぱっと見は問題ないのですが、カレンダーのチェンジが正常ではなかったり ハック機能がなかったり
ギャランティーカードは印字ではないタイプと、我々プロが見れば容易に判断できます。
しかしながら 時計はかなり精度のたかいスーパーコピーですので、注意が必要です。
画像は本物です。