2019年04月14日 ブログ

1975年に初登場したロレアートは、 世界で初めてクロノメーターの認定を受けた時計でありデザインもノーチラス ロイヤルオークのジェンタデザインを彷彿させ、 これまでも一部のコアなファンには評価されてはいたが、ここ最近まで大きく注目される事は少なかった。2016年新型ロレアートになりより伝統的オクタゴンベゼルとケースからブレスレットへの稜線は美しいばかりである。ジラールペルゴブランドも今ではヴィンテージシリーズよりロレアートシリーズの方が、数多くモデルを出してるのはロレアートを推してるのもうかがえる。しかし2016年以降の新型ロレアートも生産数が多く定価に対してかなり安価で売買されることが多かったのも事実で、実際並行輸入品など驚く安さで販売されていました。そのロレアートが最近ではすこしづつ値段も上昇傾向になりつつあるのです。デザイン機械共に信頼性が高かったし 直近のsihhでもパーペチュアルやスケルトンなどもリリースして評価を上げている。今後のロレアートに期待したい。


81015-11-001-11A
81010-11-431-11A
81010-11-131-11A

81035-11-431-11A