2019年01月29日 ブログ

財務省の日本貿易統計 によると昨年の2018年の一年間スイスから日本へ輸入された機械式腕時計の数は、約39万8千本程 2017年は約38万9千本とわずかに増えている。金額ベースだと約1兆5800億円 2017年が1兆4800億円と約7%とアップしている。あくまでも機械式腕時計で電池式はまた別なので、物凄い量と金額のスイス時計が日本に輸入されてるのがわかる。正直増えてるは驚きでもある、例えばロレックス正規店ではスポーツモデルは殆ど並ばずプレミア価格になるくらいだから輸入量は減っているものと思っていた。当然他の高級ブランドの量が増えた可能性もあるけどどうなのだろう。いずれにせよ超巨大日本マーケットへの輸入は増える一方なのだから凄い。ほしい腕時計と出会えるのはスイスやヨーロッパじゃなくて日本なのかもしれない。