2017年12月03日 ブログ

ヴィトンといえばモノグラムの旅行バッグから始まり今では世界最高峰のブランドでもあるが、
その原点でもある「旅」から今回はスマートウオッチ ホライゾンが発売されている。
フライトの運行状況や遅延などが瞬時にわかるマイフライト
自分が今いる都市の観光名所やレストランなどを教えてくれるシティガイド
その他のアプリもダウンロードできるので自分好みにカスタマイズできる。
アップルウオッチが席巻しつつあるスマートウオッチにブランド業界からも多く
参入しており タグホイヤー モンブランなども既に数多く発売しておりそこへ
ルイヴィトンも参入 
今後 機械式時計とスマートウオッチの価値が共存するとは思えないが
今では 時計生産量はスイスではなく中国が抜いており、こういったスマートウオッチウオッチなどの
生産も中国が多いのも要因であるは間違いない。
消費者がどういった時計を今後選んでいくのか楽しみである。