2017年03月06日 ブログ

P.5000キャリバーはリシュモンのムーブメント開発集団であるヴァルフルリエと共同開発された最新ムーブメント、キフパレショック製耐震装置はテンプをサポートするブリッジは両方向に回転するねじ込み式の2つのネジで固定されておりテンプの軸方向の遊びを調整しこれにより脱進機は、衝撃が加わった場合も動き続けることができます。 そして何よりも横並びに置かれた香箱は特徴的、8日間という長時間パワーリザーブを実現しました。このツインバレルにより、より薄くて長いぜんまいを使用することが可能となりました。この8デイズ 実際は10日間巻きのスペックがあるそうで実物のpam00590で計測10日近くうごきました。8デイズと謳ってるのは8日間の安定した動きが持続してるとの事ですが、実測10日近くたっても若干の進み程でしたので恐ろしいスペック これを搭載したパネライの定価等考えるとかなり安い設定なので今後この8デイズは今後も期待大