ブレゲ

ブレゲとは  

アラン・ルイ・ブレゲは1747年にスイスで生まれ、1775年にパリにオープンさせた店から、ブレゲの歴史が始まりました。1780年に自動巻き機構を開発し、衝撃吸収装置、ブレゲひげゼンマイなど次々と画期的な機構を発明し続けました。
彼の発明は複雑機構や構造面にとどまらず、時計を芸術的作品として高める事にも成功しました。その技術はマリー・アントワネット妃の注文で作られた超複雑懐中時計「マリー・アントワネット」に集約されています。ナポレオンがピレネー越えのときに使っていたのもブレゲの時計でした。
現在では他社の製品でも採用されている、ギョーシェ文字盤のような装飾もすべて、ブレゲの考案です。ブレゲ針、ブレゲ数字なども代表的で、シースルーバックもブレゲによるものです。

ブレゲ買取は【とけい堂.com】にお任せください。

モデルの紹介 モデルの詳細
ブレゲ・クラシック 【ブレゲ・クラシック買取】
アブラアン-ルイ・ブレゲのスタイリングに想を得た「クラシック」コレクションの腕時計は、時計づくりの理想を最も典型的に表現しています。

ブレゲ・クラシック 【ブレゲ・クイーン・オブ・ネイブルズ買取】
ブレゲの「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションは、アブラアン-ルイ・ブレゲがナポレオンの妹でナポリ王妃となったカロリーヌのために創作した初期のブレスレット・ウォッチからインスピレーションを得たものです。
ブレゲ・マリーン 【ブレゲ・タイプトゥエンティ買取】
「タイプXX」の他を寄せ付けないスポーツ感覚と強烈な個性は、
独創性と高い技術を備える腕時計を求める愛好者たちをとりこにしました。
蘇ったクロノグラフには、飛行中の連続した時間計測のために必要とされた
フライバック機能もそのまま受け継がれています。
ブレゲ・マリーン 【ブレゲ・グランドコンプリケーション買取】
現代でもなお、「グランド・コンプリケーション」と呼ばれる高度な複雑時計の製作は、時計職人たちにとって特別な挑戦に変わりありません。

彼らは何世代にもわたり、リピーターや永久カレンダー、トゥールビヨンといった最高峰の機械式複雑時計に絶えず改良を加えることによって豊かな創意や才能を証明してきました。

ブレゲ・マリーン 【ブレゲ・マリーン買取】
フランス海軍のマリン・クロノメーターをオマージュして製作されたのが、「マリーン」コレクションです

ブレゲマリーンでは、エレガントな感覚とスポーツ感覚の融合が見事に図られています。

ヘリテージ 【ブレゲ・ヘリテージ買取】
ケースバンドのフルート装飾(コインエッジ)やカールした繊細な
ラグもエレガントな表情を添えています。トノーケースのサイドに刻まれるコインエッジ、繊細なラグの形状、ブレゲ独特の時計はヘリテージにも脈々と受け継がれています。

【BREGUET買取実績をご覧くださいませ】

ブレゲの買取実績はこちらをご覧ください >>