2019年02月01日 ブログ

LVMHグループ2018年の9月~12月の4Qの決算が今週に発表され市場は、懸念された中国経済の急な失速による売り上げ減でしが、予想に反して増収増益となりました。ここではヴィトンなどのファッションレザー モエヘネシーの酒類ではなく タグホイヤー ゼニス等の時計ジュエリー部門の決算に注目してみました。なんと営業利益は前期比37%増益 売上8%増収といずれも好調 また懸念されたアジア市場は(日本除く)LVMH全体で売上ベースで15%アップ 日本市場も13%アップと好調 心配された消費動向もかなり強い。同じく今週発表されたアップルの売上減とは対照的な結果となりました。とりあえずは安心な材料でもあるが、中国経済の急激な失速には注意 もちろん タグホイヤー ゼニスなどの時計の相場にも影響するのでしっかり動向を注視しましょう。