2017年06月10日 ブログ

注目の英国総選挙は当初の世論調査を覆す結果となり保守党が過半数割れ議席を増やすどころか逆に減らす結果となり昨年の英国選挙同様に下馬評通りいきませんでした。為替的にも大きく下落と思ったが昨年みたいな大きな下落ではなかったようで先日の朝一番の出口調査で保守党が議席減らすのは既に予想されていたのでショックの度合いが和らいだのかもしれないが、今後も与野党のメイ首相の辞任を求めたりブレグジットが予定通りいくか不透明感が増しポンドの動きが激しくなるのは間違いない。弊社でも時計の輸出入でポンドで送金することもあるので、今後のポンド相場はきになるところ一番に望むのは安定なんですが今後もボラが高いのは間違いないでしょう。